学校法人 滋慶学園

理念・教育方針

ホーム > 理念・教育方針 > 研究・開発への取り組み

研究・開発への取り組み

人材育成に関わる研修・研究活動を通して社会に貢献いたします

「組織において最も重要な資源は人材である」という考え方のもと、教育機関・医療・福祉施設をはじめ、あらゆる組織における人材育成・キャリア開発をサポートしています。

滋慶学園グループではグループ全体で教育の質的向上を目指すため、独自の研究機関として滋慶教育科学研究所(JESC、所長:近藤雅臣 大阪大学名誉教授/医学博士)を設置。教育についてシステムを構築し、教育ノウハウを蓄積しています。

建学の理念に基づき、よりよい教育を行うためには、教育を実践するための人・カリキュラム・教材・環境、すべての質の向上が不可欠です。
JESCでは、グループ各校が地域や学校・学科の枠を超えてさまざまな研究・開発に取り組んでいます。互いのノウハウを共有し、良い手法を吸収し合いながら、常にグループ全体が成長していくことを目指します。

滋慶教育科学研究所(JESC) 設立趣旨

滋慶教育科学研究所(JESC)は、絶え間なく構造変革を繰り返す日本の産業界において、即戦力となる人材の育成と社会変革に応じた生涯教育の実践を使命とし、設立されました。

学歴社会や終身雇用制から実力主義へと変化していく社会の中で、人間性・創造性・積極性に富んだ人材を育てることは、滋慶学園グループ全体の責務です。JESCはそれらの教育を実現するための中心的機関となり、教育システムの構築、教育ノウハウの蓄積、あらゆる組織における人材の質的向上を目的としたさまざまな取り組みを行っていきます。

<滋慶教育科学研究所の主な事業内容>

  1. 人材の育成・キャリア開発に関する情報収集・交換
  2. 人材の育成・キャリア開発に関する調査研究活動
  3. 各業界や組織において求められる人材の育成に必要な講習会・研修会の企画・運営
  4. 各業界・組織で必要とされる知識・スキルレベル測定のための検定試験等の実施
  5. 教育機関における学会の企画運営及び教育技法・指導法の開発・指導
  6. この法人の目的を達成するために必要な教材の制作・発行
  7. 滋慶教育科学研究所の会報誌及び学会誌の発行
  8. 上記事業に付帯する一切の業務

所長のご挨拶

組織における最も重要な資源は人材であり、人材の育成こそ、その組織の将来を左右する重大なる基盤であるといえます。

熾烈なる競争社会において、もはや学歴のみでは通用せず、終身雇用の制度内で甘んじることなく、絶えず個人の能力向上のための研鑽が要求され、本人の能力が問われる実力社会が到来しています。

人材育成・キャリア開発は、個人は勿論、組織にとって競争に打ち勝つ手段であります。当研究所は定款に掲げる事業を通じ、あらゆる組織における人材育成・キャリア開発を支援し、組織の活性化に寄与する活動を通じてわが国の社会発展に貢献するべく努力を続けています。

滋慶教育科学研究所 所長 近藤 雅臣/大阪大学名誉教授・医学博士 JESC

滋慶教育科学学会について

滋慶学園グループ教職員の研鑽と人材育成、並びに生涯教育実践への足固めの場とするべく設立。「教育」と「運営」に関する研究を行い、その成果を発表し、教育ノウハウを共有・蓄積しています。

滋慶教育科学学会について

教職員への研修について

JESCでは教育力・運営力向上を目的とし、教職員・講師を対象に研修を実施しています。

「教育の質は、実践する教職員の成長により向上する」という考えのもと、新入職者からマネジメント層に至るまで、それぞれの職務に必要なマインドの養成とスキルアップを目指します。

教職員への研修について

委員会活動

滋慶学園グループの教育にとって欠かせない「教職員の成長」「キャリア教育の実践」「クオリティの高い教材の作成」について、研究開発を進める上で中心となるのが各委員会です。

「カウンセラー委員会」「キャリア教育委員会」「教材研究委員会」「進路変更委員会」が主体となり、グループ全体の教育の基盤を固めるため、教育部会などと連携しながら、さまざまな取り組みを行なっていきます。

教育部会活動

滋慶学園グループのネットワーク力を活かし1校1校の枠を超えて、専門を同じくする担当教職員が相互に連携し、教育部会を組織しています。
各分野の教育部会では、教育手法や運営方針、最新の業界動向などを共有しながら教育や教材の研究・開発を行なっています。

滋慶選択授業システムの実施

JESCに所属している各校では、教育部会の他に、関東・関西エリアでグループを結成し、地域単位に学生の教育に臨んでいます。

教育部会が分野ごとに活動を行う組織であるのに対し、「滋慶選択授業システム」では、専攻する分野に関係なく、学生たちに授業を提供するための活動を行なっています。この取り組みは滋慶学園グループの特徴の1つとなっており、学生たちが幅広い科目に触れるチャンスをつくりだしています。

滋慶選択授業システムの目的

国家試験対策センター

滋慶学園グループに所属する医療・福祉・衛生分野の全学科全学生が国家試験合格100%を達成するためのサポートをいたします。
また、在校生のみならず、既卒者への合格支援も実施しています。

国家試験対策センター最大の強みは、学校・学科の枠を越えた学校間の連携にあります。同じ分野を教える学校同士が協力し、試験の傾向、学生の能力・動向といった情報を収集・分析。最適なカリキュラムと学習法を構築し、全員合格を目指して国家試験に向けた授業のサポートを行います。

国家試験対策センター